サッカー延長アディショナルタイム

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

サイトマップ お問い合わせ 取材・撮影申込 アクセス English 受験生 在学生 卒業生 保護者 地域・一般 企業・研究者 教職員 ご寄附のお願い toggle navigation 受験生 在学生 卒業生 保護者 地域・一般 企業・研修者 教職員 ご寄付のお願い 取材・撮影 アクセス お問い合わせ English 大学案内 大学案内 大学案内 --> 大学案内TOP 学長室 役員・副学長・学長特別補佐 沿革・概要 理念・方針・特色 広報 情報公開 公開講座 ロゴ・学歌・名義使用 調達・工事 採用情報 教職員への兼業依頼 施設貸出案内 大学案内TOP 学長室 役員・副学長・学長特別補佐 沿革・概要 理念・方針・特色 広報 情報公開 公開講座 ロゴ・学歌・名義使用 調達・工事 採用情報 教職員への兼業依頼 施設貸出案内 特別コンテンツ--> 学部・大学院等 学部・大学院等 学部・大学院等 --> 学部・大学院等TOP 学部 大学院 センター等 研究所・拠点 教育・学生支援組織 先端研究・学術推進組織 国際連携推進組織 地域支援組織 練習船 附属図書館 病院 附属学校 東京事務所 学部・大学院等TOP 学部 大学院 センター等 研究所・拠点 教育・学生支援組織 先端研究・学術推進組織 国際連携推進組織 地域支援組織 練習船 附属図書館 病院 附属学校 東京事務所 教育・学生生活 教育・学生生活 教育・学生生活 --> 教育・学生生活TOP 長崎大学全学共通の3ポリシー 授業関係 特色ある教育 各種履修制度 授業料に関するお知らせ 経済・生活支援 学生生活 ボランティア活動 課外活動・サークル 教育・学生生活TOP 長崎大学全学共通の3ポリシー 授業関係 特色ある教育 各種履修制度 授業料に関するお知らせ 経済・生活支援 学生生活 ボランティア活動 課外活動・サークル 研究・産学官連携 研究・産学官連携 研究・産学官連携 --> 研究・産学官連携TOP 研究開発に関する総合案内 長崎大学研究シーズ集 研究情報 研究者への寄附 研究機器の利用情報 外部資金実績--> 不正使用・不正行為防止策 ライフサイエンス研究に向けた取組 連携協定 学内教職員用--> 研究・産学官連携TOP 研究開発に関する総合案内 長崎大学研究シーズ集 研究情報 研究者への寄附 研究機器の利用情報 外部資金実績--> 不正使用・不正行為防止策 ライフサイエンス研究に向けた取組 連携協定 学内教職員用--> 留学・国際 留学・国際 留学・国際 --> 留学・国際TOP 留学生教育・支援センター 留学生教育・支援センターについて 各種ガイドブック 交流協定締結校 News 長崎大学からの留学 長崎大学への留学 留学・国際TOP 留学生教育・支援センター 留学生教育・支援センターについて 各種ガイドブック 交流協定締結校 News 長崎大学からの留学 長崎大学への留学 就職・キャリア 就職・キャリア 就職・キャリア --> キャリアセンターTOP お知らせ センター紹介 在学生の方へ 企業の方へ 卒業生の方へ サポーター募集 地域で生きる 求人検索NAVI お問い合わせ キャリアセンターTOP お知らせ センター紹介 在学生の方へ 企業の方へ 卒業生の方へ サポーター募集 地域で生きる 求人検索NAVI お問い合わせ 入試情報 HOME > Research > 詳細 Research ここから本文です。 2021年07月15日 新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)及び出血熱を引き起こすラッサウイルスのモデルウイルスとして知られるリンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス (LCMV)に対して、両ウイルス間に共通する新たな抗ウイルス標的を同定 感染症共同研究拠点/熱帯医学研究所の浦田秀造准教授、鹿児島大学大学院理工学研究科の石川岳志教授らは、新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)及び出血熱を引き起こすラッサウイルスのモデルウイルスとして知られるリンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス (LCMV)に対して、両ウイルス間に共通する新たな抗ウイルス標的を同定し、本研究成果は2021年6月24日付で国際学術誌「Viruses」に掲載されました。 SARS-CoV-2は高い感染力を持ち、公衆衛生上の脅威となっています。また、病原性が非常に高いラッサウイルスを含むアレナウイルス科に対する認可されたワクチンや抗ウイルス薬はありません。今回、浦田准教授らはSARS-CoV-2のnsp14と呼ばれるウイルスタンパク質とアレナウイルス科のLCMVのNPと呼ばれるタンパク質に共通するエキソヌクレアーゼ活性部位 (DED/EDhモチーフ)に着目し、LCMVのNPの立体構造 (DEDDhモチーフ)と計算科学的手法により予測したSARS-CoV-2のnsp14の立体構造 (DEDEhモチーフ)が重なり合うこと、低分子化合物であるATA及びPV6RがDED/EDhモチーフに結合し得ることを計算科学的手法にて示し、実際にATAとPV6RがSARS-CoV-2とLCMVの感染を抑制することを培養細胞レベルで明らかとしました。 SARS-CoV-2に対しては複数のワクチン、抗ウイルス薬が開発されていますが、今回浦田准教授らが着目した酵素活性部位に対する新規薬剤の開発は、病原性が高いラッサウイルスのみならず変異株を含むSARS-CoV-2の感染に対する治療に繋がることが期待されます。 図:SARS-CoV-2のnsp14とLCMVのNPは共通したDED/EDモチーフを保有し (A)、化合物PV6RとATAをそれぞれのモチーフに結合させたシュミレーション解析(B)。 ◆論文情報◆ タイトル:The antiviral effect of the chemical compounds targeting DED/EDh motifs of the viral proteins on Lymphocytic Choriomeningitis virus and SARS-CoV-2 (LCMVとSARS-CoV-2のウイルスタンパク質内にあるDED/EDhモチーフを標的とした化合物の抗ウイルス効果) https://www.mdpi.com/1999-4915/13/7/1220     Tweet 一覧ページへ Research 年度別 2024年度 2023年度 2022年度 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度 プレスリリース一覧 イベント一覧 リサーチ一覧 --> ホーム 大学案内 学部・大学院等 教育・学生生活 研究・産学官連携 留学・国際 就職・キャリア 入試情報 訪問者別メニュー--> プライバシーポリシー サイトポリシー ソーシャルメディアガイドライン 免責事項 資料請求のご案内 プライバシーポリシー サイトポリシー ソーシャルメディアガイドライン 免責事項 国立大学法人 長崎大学:長崎大学広報戦略本部 〒852-8521 長崎市文教町1-14 Copyrightc 2010 Nagasaki University, All Rights Reserved. Copyrightc 2010 Nagasaki University, All Rights Reserved. var parent = $('#menu li a'); parent.each(function(){ var self = $(this); self.on('click',function(){ parent.not(self).next('.menu_contents').slideUp(100); self.next('.menu_contents').slideToggle(100); }); }); -->

モンテカルロ法カジノ kkポーカー入金ボーナス イスタンブールスポル スロットウルフカジノ
Copyright ©サッカー延長アディショナルタイム The Paper All rights reserved.